試供品マーケティング 心の病気 | スマホがうつ病や自律神経失調症の原因だった!?

スポンサーサイト

2013.12.02 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    歩きスマホでうつ病になる人が増えるかもしれない

    2013.11.16 Saturday

    0



      最近何かと問題になっている歩きスマホ。
      人にぶつかったりして危険な事は言うまでもありませんが、
      スマホ人口が増えることによってさらに問題は悪化していくでしょうね。

      ただ私はこの歩きスマホがもたらす危険はそれだけでは無いと考えています。

      もちろん歩きスマホ限定ではありませんが、
      スマートフォンを長く触れれば触れるほど
      うつ病になる人が増えて行くのではないかという懸念です。


      何故スマホでうつ病になってしまうのかというと、
      画面を見ているとほとんどのが少し下を向いてうつむき姿勢になっていますよね。

      このうつむき姿勢が続くと首に負担が掛かって神経の流れを悪くする事で
      自律神経失調症やうつ病、パニック障害などの病気を引き起こす可能性が高いんです。


      現代社会に生きる人たちはうつ病とまではいかなくても
      不眠やイライラなどの精神的な不調を抱えている人は多いものです。

      こういった症状はうつ病の初期段階である可能性も高いのですが、
      その原因はストレスだけではなくパソコンやスマホに長時間接する事で、
      首に負担をかけて神経の流れを滞らせてしまっている可能性があります。

      しかし私自身もそうですがスマホに没頭してしまうと、
      時間も忘れてうつむき姿勢を長時間維持してしまいますね。

      ストレス解消のためにスマホでゲームをしたり、
      LINEでチャットしている人は多いと思いますが、
      日々の体調の悪さや精神的な不調の原因がスマホにあるかもしれない以上は
      ほどほどに付き合って行った方が良いかもしれません。
      1