試供品マーケティング スマホうつ病 | スマホがうつ病や自律神経失調症の原因だった!?

スポンサーサイト

2013.12.02 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スマホからくるうつ病は首こり改善すれば治る!

    2013.11.17 Sunday

    0



      スマホを長時間見る習慣が長期的に続くと
      自律神経失調症やうつ病、パニック障害などの精神病を患う可能性が高いですが、


      いずれもスマホを見ることによって前傾姿勢になりますので
      その結果として首の神経に不調をきたしてしまう事が原因です。

      ですからスマホ中毒が原因によるうつ病であれば、
      首こりや疲労を改善することによって治るということがわかってきています。


      ではどのように首こりを改善すれば良いのかというと、
      まずはスマホを長時間見たりする行為をやめて
      首に負担をかけないようにするということです。


      さらに首のマッサージをしたり、
      後頭部の付け根のくぼんでいるところのツボを押して刺激することで
      首こり改善に効果がありますので試してみてください。


      私もそうなのですが、首がこっている人であれば
      この後頭部の付け根をツボを押すとすごく痛いと思います。

      その痛みがこっている証拠ですので、
      仕事の休憩中やお風呂に入っている時や寝る前、
      いつでもどこでも押してあげるようにすると良いですね。


      それから首のストレッチやマッサージも効果的ですが、
      あまり強くやらないように
      注意しましょう。

      首の筋肉は非常に繊細なので、負荷が強すぎると
      逆に首を痛めてしまってかえって逆効果になる可能性もあるからです。

      首のストレッチやマッサージを行う場合は
      気持ちいいという程度で行った方が良いでしょう。


      首こりはすぐに改善するものではありませんが、
      ここまで述べたような方法を習慣化させれば
      私自身の経験から言っても改善の効果は必ず見られると思います。


      これまでストレスなど精神的なものが要因であるとされてきた
      うつ病やパニック障害
      ですが、

      実際はスマホやパソコンの見過ぎ、ムチウチや怪我による
      首のこりや疲労が原因であるとわかってきているのですから、
      対処法が明確になっている分、前向きに治療できるはずです。

      私もパニック障害やうつ病が首こりで治るとわかってからは
      すごく晴れ晴れとした気持ちになった事を覚えています。

      もちろんすぐに症状は改善しないかもしれませんが、
      必ず治ると信じて前向きにこれらの習慣を続けてみてほしいと思います。

      スマホによるうつ病・パニック障害克服法はコチラ