試供品マーケティング スマホがうつ病や自律神経失調症の原因だった!?

スポンサーサイト

2013.12.02 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スマホの見過ぎでめまいや吐き気が出たら要注意

    2013.11.16 Saturday

    0



      普段からスマホを見過ぎることによって
      めまいや吐き気のような症状が出てくることがあります。

      このような症状は自律神経系の異常であり、
      うつ病の初期症状のようなものです。

      もしもめまいや吐き気が出てきたら
      しばらくスマホを見ることをやめましょう。


      スマホを見る事によってこのような症状が出る原因は
      眼精疲労もひとつですが、首の疲労によって
      神経の流れが不調を起こしている
      可能性が高いです。

      ですから一番良いのはこういう兆候が見られたら
      スマホを長時間見ないことです。

      最近は年齢層に関係無く多くの人がスマホに依存してしまっています。


      歩きスマホを筆頭に電車やバス、地下鉄、人と会話をしている最中でも
      スマホを見続けて何かしらしている人が目立ちますよね。

      確かにLINEとかFACEBOOKで人とコミュニケーションしたり、
      アプリのゲームなどにハマってしまう気持ちはわかります。

      でもそれが習慣化することによって
      自分の体を蝕んでしまう
      事を考えたらとても大きなリスクです。

      そもそも人と話ている時にもスマホを見続けるというのは
      失礼にもほどがある態度ですし、
      常に歩きながらスマホをいじっている姿はある意味滑稽に見てとれます。


      私はうつ病やパニック障害を経験してその辛さを理解しています。
      だからこそこういった病気を未然に防ぐため、

      あるいは今現在このような病気に苦しんでいながらも
      原因や改善方法がわからないという人に向けて、
      スマホに依存しすぎないことを強く訴えたいですね。